未来は確定していない::28歳の浪人生

今、予備校で働かせてもらっている(講師ではない)。
自分より年上の生徒もいて驚き。28歳で浪人生の人がいる。
その人は医学部志望でも美大志望でもなくて私大文系コースにいる。
職員の人に聞いてみると一度社会に出た人が再度ってわけでもなくて
18の頃からずっと通っているらしい。
5年目の時に全部落ちたけど予備校に再入学しなかったことがあって
諦めたのかと思ってたら1年後、また通いだしたりして
職員の間ではその人の話題で持ちきりだったとか。
様子を見ていると受験のやる気はないように思われる。
授業にはちゃんと出るけども自習室を活用したりせずに速攻で帰る。
家で勉強しているかどうかは定かではない。
偏差値は60に行くかどうかってところで、マーチをしらみつぶしに受けたら
どこか引っかかりそうなものだけどずっと早慶しか受けてこなかったとか。
この人の人生が心配です。今さら職に就こうにもまともなところは無理だろうし
合格したとして、学生生活も満喫できないだろうし就職もどうなんだろう。
この人を見てるとなんだか頑張ろうって気になります。まだ1年だけど今から就職の対策始めたりしています。
28歳で浪人生。どうするの? (匿名ダイアリー)

老後のために生きてるの?
就職のために生きてるの?
逆に問いたいです。

人生を謳歌するためではないのですか?

未来は確定していない。確定しているように思うのは錯覚です。
28歳の浪人生も、学生生活を楽しく過ごす可能性もあるし、就職もできます。もちろん就職しやすいとは言えないでしょう。

結構こういう人のほうが人生を楽しんでいたり、就職なんかもなんなくしてたりします。
人生は、確率や平均値で決まるものでなく、それらはあくまでも目安に過ぎないことを忘れてしまってるんだと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。