あきらめなくても試合終了

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」という言葉の意味を読んで、ちょっと怖くなった。

ウサギとカメの話をしよう。

アルキメデスによると、スタートダシュを駆けたウサギは、その時点で既に亀をリードしており、極限の一点を考える限り、カメは永遠に絶対ウサギを追い越すことが出来ないと言う。
http://www.gulf.or.jp/~houki/essay/zatubunn/lion/usagi.html

ある一定の範囲や条件では、あきらめなければ試合は続行できるけど、それ以外のケースでは試合は本人の意思にかかわらず続行できないこともあるということだ。あまり、「あきらめなければ」という思いが強すぎると不幸になるような気がする。

スポンサーリンク

『あきらめなくても試合終了』へのコメント

  1. 名前:元気がほしいときに読む日記 : 投稿日:2009/11/25 04:11

    「あきらめたらそれまで」ですか?...
    博 士 :「絶対に負けない方法を知っているかね?」 女子高生:「勝つまでやめないこと!」 機 長 ;「駅前のパチンコ屋じゃないんだからさぁ」 エリアル@笹本裕一  あなたは、家族やあなたの周りにいる人たちに何を望んでいるのか?  “幸せ”であることか?それとも...

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。