入力と出力に注目して設計するのは王道::画面設計

■[システム開発][Agile開発]画面設計とか外部設計とか、もうやめようよを読んでの感想

難しい言葉を使わないで、入力と出力に着目すればたいていのシステムは設計できると思う。大雑把に入力と出力を決める方法論として画面設計もどきを行うのは用件定義の段階でも正しいと思う。

要件定義段階の画面は、実際に出来上がった画面とかなり違うこともあるがそれが当然で、もし、要件定義段階の画面に縛られるのならそれはその部分が間違っているだけで、画面設計から入ることは間違っていない。

人間は、ビジュアルでないと物事を抽象化しにくいと思われるので、一般の人にもわかる画面設計を抽象化の手段として使うのは正しいと思える。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。