平和に暮らす、戦争しない経済学

市場原理主義や新自由主義は、戦争につながりやすいとはそのとおりだと思う。この本は、新自由主義批判の本である。この本では安部政権の成立までのことが書かれている。

「弱肉強食、市場原理社会のアメリカ型経済構造」を指示する人に読んでもらいたいと思う本である。
支持しない人がよんでも、当たり前のことが書いてるので読む必要はないかなと思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。