リタリンについて過去に調べたこと

「脳を増強する薬」合法化を主張する『Nature』論説をよんで、科学者がそんなのではダメな気がした。科学者の20%は使用してると言うのは本当なのかな?と思う。

リタリンについて以前調べたところでは、注意欠陥障害(ADD)の患者に処方した場合は、ハイになるとか気持ちが持ち上がるとか言う症状が現れず、注意散漫?なのが普通になる程度みたいです。今は禁止されてますが、難治性のうつ病(治りにくいうつ病、抗うつ剤が効かない場合に使用される)にもリタリンを処方されていました。この場合は、気分が普通になったり、少しハイになるようです。最終的には、リタリンをやめないとダメなのですが、減薬がうまくいかなかったり、乱用してしまう場合があるようです。

リタリンには、精神依存と肉体依存があります。あと耐性というものがあり、長期に飲み続けると同じ服用量では同じ効果が現れなくなり、同じ効果を得るためには服用量を増やさないとダメになるという特性があります。だから、自己コントロールすることは難しいのです。耐性の問題ですが、なぜか注意欠陥障害(ADD)場合は大丈夫のようです。

【あわせて読みたい】
現世サバイバル: リタリン依存問題
現世サバイバル:ほんとのプロの薬の使いかた
知っておきたい睡眠薬(睡眠導入剤)のまとめ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。