血液占いに対して、どうしてそんなに批判的になるのだろう?

血液型占いが「当たってしまう」一番の理由(の候補)(404 Blog Not Found)は、「信じてる」から「あたる」ように思うだけなんですね。

購買層は女性じゃないかなと思います。「私は血液占いのために差別され人生を台無しにした」なんて話は聞かないのでそんなに問題かなと私は思うんですけどね。血液占いが科学かどうかなんて、究極のところどっちでも良いやとは思います。

血液占いに縛られている日本人とキリスト教に縛られてるアメリカ人のどっちが問題が大きいかというと、後者じゃないかなと思います。もちろん、キリスト教も信じてる人しか救われません(^^;

まあ、確かに科学かどうかをちゃんと知ってるべきという立場の人は、こんな血液占い(血液判断)なんて、百害あって一利なしに思えるかもしれませんが、それは、その人自身が「科学」というものを信じてとらわれてるからに過ぎません。

過去、科学は人々に不幸をもたらした例はいろいろありますよ。たとえば、アスベスト(石綿)なんかは不燃性で体に無害だといわれていてましたが、実際はそうじゃなかったということとか・・・。アルコールランプを使うのに「石綿付き金網」をつかった人もいるでしょう?それほど安全だと思われていたんです。現在は、「石綿付き金網」なんか学校では使われてませんので安心してください。

もうすこし、話を進めてみましょう。あなたの名前はどうやって決められたでしょうか?画数とかいろいろな観点から決められているのではないでしょうか?いわゆる、姓名判断というものですね。これも科学じゃないけど、なんかあたってるようなあたってないような感じですね。

もっと話をすすめて、エコグラムによる性格判断なんかどうでしょうか?これも結構あたりますよ。エゴグラムによる性格診断とか236タイプに分類する性格診断!人間研究所とかですね。

を今読んでるのですが、読んでいて楽しいです。「古代文明の伝説」「超能力・超人伝説」「UFOと異性人の伝説」「霊と悪魔の伝説」「大予言の伝説」「未知動物の伝説」「身近な超常現象の伝説」にかかれています。図書館とかにもおいてある本ですので、見つけたら読んでみてください。

スポンサーリンク

『血液占いに対して、どうしてそんなに批判的になるのだろう?』へのコメント

  1. 名前:404 Blog Not Found : 投稿日:2008/12/12 10:12

    本当は怖い血液型性格判断...
    これがたわごとでなければどれほど良かっただろう。
    私は血液占いのために差別され人生を台無しにした | 某氏のたわごと「私は血液占いのために差別され人生を台無しにした」なんて...

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。