郵貯の破綻か国の破綻か



ミンギョウ?民行?どこにあるんっすか?(404 Blog Not Found)

この人、本当はわかっていて書いてるんじゃないかな?確信犯的なかんじ。サービスが悪くなったというのは、自由競争だからですよ。はじめは、口座数獲得のために赤字覚悟で魅力的なサービスを提供し、口座数が集まったら、サービスを質を落として採算を取りに行くという戦法じゃないかなと思う。

民業って、「自由競争により便宜が改善されていく」から民業なんでしょ?


自由競争は、そういうものではないし、新自由主義の下ではなおそらそんなことはありえない。

で、郵貯の問題は、その資金力の多さと、その資金力を国債を買うなど国の借金の肩代わりの役割を満たしてるということだ。郵貯の民営化は、国の財政破綻を早く表面化し、早く対策を取るために必要なのである。ここで、郵貯がますますお金を集めやすくなったら、ますます国の借金は目に見えなくなって、いつか破綻すると思われる。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。