Yes we can. vs Yes you can.

確かに"the harbor"が真珠湾であることは間違いない。しかしtyrannyが指しているのは、「日本の独裁」じゃないよ。主としてナチス。少し広げて枢軸国。スターリンも入っているかも知れない。
でも、重要なのは、そこじゃない
via:The enemy we share(404 Blog Not Found)

そうなのかなぁ?
weというのは、世界人民じゃなくてアメリカ人民だと私は思うけどどうなのでしょうか?英語ができないので、WEB翻訳君とかに聞いてみても当然のことながら分かりませんね。ベルリンの壁も崩れないと私は信じていたけど、あっけなく崩れた歴史もあるから、常識というものはあてにはならないと思う。でも、ベルリンの壁は崩れて、世界は平和になったような気分にその当時はしたが、その後の歴史をみれば、それは一時の高揚に過ぎなかったんだということがわかると思う。でも、私にとっては、ベルリンの壁の崩壊と同じぐらいのインパクトはあった。いまだに、事実であることが信じきれない気持ちでいっぱいである。

彼の敵は、イラクやアフガニスタンやウォール街ではなく、自分たちの内側にあるものなのだ。
我々の内側にも、それはある。
だからこそ、この敵に対して、わたしたちは共に戦うことができる。
via:The enemy we share(404 Blog Not Found)

自分たちの内側にあろうと外側にあろうと、わたしたちは共に戦うことが可能だとおもう。もしかして、「ニワトリが先か卵が先か」問題と同じ系統のトリックにはまってるのかもしれないとは思う。

【参考になる記事】
Yes you can - finalventの日記

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。