理想と現実

男性の人権はあらかじめ肯定され、女性の人権はあらかじめ蹂躙されている(過ぎ去ろうとしない過去 )

「派手な格好はしない」「夜出歩かない」など女性の行動が制限

たとえば、ゲイバーに誘惑するような格好で出かけたら、危険だと思うけどそれと同じじゃないかなと思う。ゲイじゃない人がゲイバーに行く権利はあると思うし、好きな格好をする権利もあろうと思う。でも、いざ事件がおきたら、その2点は指摘されてしまうのではないか?と思う。そうじゃないのなら、女性の問題も引用もとのとおりだろうと思う。

海外旅行とかいくと、注意されるのが夜歩き。これで、夜に事件に巻き込まれたら、絶対に夜歩きが悪いと言う話しになりそうだけど、実際には夜歩きする権利もあるけど、事実上制限されている。

スポンサーリンク

『理想と現実』へのコメント

  1. [...] This post was mentioned on Twitter by kuro05, id:WinterMute. id:WinterMute said: [B!] アホですか。そりゃわざわざ「誘惑するような」格好でいったら口説かれるかもしれないけど、それを「危険」と称してるの? http://blog.k05.biz/archives/930 理想と現実 | 某氏のたわごと [...]

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。