世のため人のために働く意味


2:48分ぐらいからです。「大学まで出してもらっていて、世のため人のために働こうという気持ちはないの?」に対して、「それは傲慢ですね、生きていればそれでいいんじゃないですか?」というやり取りをしています。

「世のため人のために働く」ということを実行している人は今現在少ないのではないか?と思うんですね。だから世の中良くならないんだとは思います。また、それは傲慢だというのも真実だとは思います。生きていればそれでよいのではないか?というのも真実だと思います。哲学科卒、強しって感じです。

だから、このことが唯一の真実であるともいえませんし、このことを積極的に肯定してよいとも思えません。多くの人にとって、働く意味は生きる意味につながっており、また社会との接点であるという点も見逃せません。

生きることに意味があるのか?という問いと同じく、働くということにどのような意味があるかという問いもまた難しく、人それぞれに答えがあるだろうと思います。

ただ言えるのは、こうでなければいけないということはないということです。

【この関連の動画】
suzuki neet1(1 of 3)
suzuki neet1(2 of 3)
suzuki neet1(3 of 3)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。