模索

ジャンクフードは体に悪いが魅力的であるのは事実だ

哲学とは、道徳的とか、謙虚とか、役に立つかとか、そういう一切の制約の外側で、ゼロリセットで思考することです。倫理にも実用性にもしばられず、一切のタブーを設けず、「ほんとうのところはどうなのか?」を徹底的に突き詰めるのが、哲学的思考なのです。 via:ネットに時間を使いすぎる...
模索

人を救うには人を救えない絶望を知るべき

これに関する記事を2,3個読んでタイトルどおり感じた。11/20現在、Googleでタイトル名で検索すると10位以内に私が読んだ記事はヒットするようである。 人を救うには人を救えない絶望を知るべきなので、大いに絶望すると良いと思う。絶望してもなお、人を救いたいと思うのなら、...
模索

駄目人間でも一生懸命生きてる

【ニコニコ動画】カツヒコさん(37歳)スティッカム・接続数145 タイトルは、10分目からの発言の抜粋です。こういう優しい人になりたいなと私は思うけど、私には無理だと思う。ニコニコ動画の貼り付けにチャレンジしてみたけど、あなたのブログ(サービス)ではダメと出てきた。 カツヒ...
模索

世のため人のために働く意味

2:48分ぐらいからです。「大学まで出してもらっていて、世のため人のために働こうという気持ちはないの?」に対して、「それは傲慢ですね、生きていればそれでいいんじゃないですか?」というやり取りをしています。 「世のため人のために働く」ということを実行している人は今現在少な...
模索

池田信夫 blogと404 Blog Not Foundの方針の違い

池田信夫ブログのコメント欄及びトラックバックには相変わらず池田を支持するものしか掲載されない。コメント等する人はそういう「検閲」をどう思っているのだろうか?NHKが政府の発表のみを報じ野党などの声を伝えないのは最大の検閲であり、心理操作である事は広く言われている事(顕在の声で...
模索

Nintendo Dogsの犬は生きているように思う

たまにNintendo Dogsをする。犬たちがかわいいんだよね。お座りといえばお座りできるし、おなかがすいたらこちらに寄ってくるし、無機質な電脳体にたいして、相手に感情らしきものがあって、僕と犬は触れ合ってると認識している。もちろん、リアル感が低いところがある。うんちの処理...
模索

私たちの中の私の話

古舘伊知郎氏が「格差社会」を語る気味悪さ(池田信夫 blog)を読んで、私たちの中の私について考えてみた。 景気が悪くなると、まっ先に切られるのが非正規労働者です。こういう人々の痛みを私たちはどこまで知っているのでしょうか。 「私たちの中の私」がそう感じるので、「私たち」を...