あすなろ、本当の幸せは幸せを求める過程にあるのかもしれない。(名門!第三野球部)

「明日は檜になろう、明日は檜になろうと思っている」


「檜になろう」と思ってる時期が一番幸せなんだと思う。

気がつくと、二人の死体の右手に、杉の木立に混じって、翌檜の老樹が一本だけ生えていた。 鮎太はいつか冴子が家の庭にある翌檜の木のことを、
「あすは檜になろう、あすは檜になろうと一生懸命考えている木よ。でも、永久に檜にはなれないんだって!それで明日なろうというのよ」
と、多少軽蔑を込めて説明してくれたことが、その時の彼女のきらきらした目と一緒に思い出されてきた。
 あすなろうの木の下で二人が横たわっているその事に何の意味もあろうはずはなかったが、その木の命名の哀れさと暗さには、加島の持つ何かが通じているように鮎太には思われた。
 この二人の死を越えて行かねばならない。己に克って人生を歩んで行かねばならない。中学に入って、沢山本を読まねばならない。 そんないろんな昂ぶった感情が入り交じって、いっせいに鮎太の心から吹き出し、それが鮎太をそこに棒立ちにさせていた


昔コミックとアニメでみた、名門!第三野球部がいまだに心に残っています。くずと言われている第三軍の第三野球部が頑張っていく過程が非常に見ていて楽しいです。漫画なので、ご都合主義的にうまくいってしまうのですがそれでも読んでいて(見ていて)非常に楽しいです。コミックで読んでもアニメで読んでも楽しいです。もちろんうまくいかないぜ挫折や絶望見ないなものも描かれています。

主人公が、「檜あすなろ」なんですね。温和な性格を持ちながら、なにくそと頑張るところは何度読んでもいいです。

僕たちはクズじゃない!落ちこぼれ三軍チームの成長を描く不朽の感動ドラマ。
桜高校の第三野球部は、落ちこぼればかりの三軍チーム。いつも草むしりと球拾いばかりで、試合経験はゼロ!ところがある日、突然監督から解散を告げられ、チームの存亡を賭ける最後の試合のチャンスが訪れる。相手は一軍……!試練を乗り越え、ひたむきに努力する第三野球部は、大舞台を目指していく……。
via:名門!第三野球部|無料動画 GyaO![ギャオ]|アニメ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。