ルールという名のアンフェアーな戦い

日本が駄目な理由は、ゲームにおけるルール作りに参加できにくいという政治的な要因が強いような気がする。オリンピックでも、日本が強いとなったら、ルール改正ですよ(^^;

ルールには大義名分があります。フェア精神。でも、本当の意味では、そんな大義名分なんて幻想なんです。

そして私のまわりをみて、「この人は大丈夫」という人は、ほぼ一人残らず海外体験を持っている。外から日本を見たことがある人だけが、日本という「怪物」との間合いの取り方を身につけているように見受けられるのだ
日本に留まりたかったら、一度は留学しておくべき
(404 Blog Not Found)

明治時代にも同じようなこといってた人いるけど、日本人って海外に昔から弱いのかも。昔は中国で近世以降は欧米。

世の中には「新自由主義」が人命より金もうけを大事にするガリガリ亡者だと思っている素人もいるようだが、ハイエクは一貫して新古典派の功利主義を否定した。市場(カタラクシー)が富を最大化することは保証されていないし、それが市場の目的でもない。市場の存在根拠は「パレート効率性」ではなく、それが人々の自由な選択を可能にすることなのだ。
希望について(池田信夫 blog)

新自由主義のアメリカが駄目で、社会主義政策の中国のほうが今はかなりよさげに見えますね。どちらにしてもどちらの社会も本当の意味で民主主義でないと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。