生きる覚悟は、死ぬ覚悟よりつらい(生きる意味)



意味の有無を問う(無)?意味(404 Blog Not Found)

生きる意味を考える時は、その「時(瞬間)」に方向を向けて考えるべきではないか?と思う。
その考えているその瞬間に意味があるのか?ということである。人は、生きる意味を考えるときは、たいていは何かに迷ったりした時である。決して何かに満足している時ではないことが多い。つまり、幸せな時はそういうことをあまり考えないのが人間だと思う。

死ぬのに死ぬ覚悟が必要なように、生きるのにも生きる覚悟が必要だということをつい私たちは忘れがちになる。生きるということが案外大変で辛いのは、死ぬ覚悟は1度ですむが生きる覚悟は1度でなくて継続して続けていかなければならないからである。

生きる意味、愛する意味、本当の自分、そういうものはなかなか見つからないし、答えも実はないことが多い。意味があると信じること、その信じることを肯定することでしか意味を見出すことはできないからかもしれないですね。

生きる意味に悩むのは、青年期や若者だけではない。中年クライシスという言葉があるように中年以降にもそういう時があるのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。