努力しない生き方::努力しないことを非難しないで!!

 なぜ、彼らは努力を恐れるのか?その要因は多岐にわたるだろうが、一言に集約するなら、
 努力して自分が満足するような成果が得られなければ、高いプライドが傷ついて、自分自身が無価値であるかのように感じられて落胆するから。
 という表現にまとめられるだろう。
「努力を恐れる男達」。(シロクマの屑籠(汎適所属))




なぜ、彼らは「努力をしない人々」を恐れるのか?その要因は多岐にわたるだろうが、一言に集約するなら、
 努力しても「努力しない人々」より成果が得られなければ、高いプライドが傷ついて、自分自身が無価値であるかのように感じられて落胆するから。
という表現にまとめられるだろう。

努力することが正しいとか美徳だとかいうのは一種の価値観であって、それを他人に強要する行為はよくないでしょう。努力しても報われないことのほうが世の中多いですし、また努力しない人のほうが成功していたりおいしい思いをしてることもあるでしょう。

努力せずに何かができるのなら、努力しないほうがずーっと効率的で楽なはずです。苦行が好きなら別ですが・・・。楽するために勉強する苦労をするのなら、その苦労に見合うだけの「楽」が得られる保証はどこにあるのでしょうか?

「努力をしない人間」を見抜けるか?(Geekなページ)を読んだ感想

努力をしない天才や秀才の存在をしっていってるのかなと疑問に感じた。彼らは10分努力?するだけで、一般人が1時間努力しないと得られないものを得ている。10分努力して50分サボっていても同じ結果を出せるというわけだ

あと、努力しても無駄と言う場合もありえる。無駄だとわかっているのに努力するのは馬鹿のすることではなかろうかということである。馬鹿なことをして馬鹿じゃないとするのなら、なんか変である

私も努力は人に強要するものではないと思う。それは自由意志を尊重したいことと、また努力は強要してもあまり意味がないこと、努力を強要することで生じる結果に責任をとれないことの3つを理由として、努力は強要されるべきものではないと思う。

価値観によりかもしれないが、努力しても結果が出なかったら、努力しなくて結果が出ない場合と見分けがつかないので、どちらも評価に値しないと考える。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。