池田信夫 blogと404 Blog Not Foundの方針の違い

池田信夫ブログのコメント欄及びトラックバックには相変わらず池田を支持するものしか掲載されない。コメント等する人はそういう「検閲」をどう思っているのだろうか?NHKが政府の発表のみを報じ野党などの声を伝えないのは最大の検閲であり、心理操作である事は広く言われている事(顕在の声で言えば植草一秀)だ。池田の悪口にまともに応じる人は池田に操作されていることをどれだけ理解しているのだろうか?
via: NHK出身の池田信夫のテレ朝への悪口

トラックバックどうもありがとうございます。池田信夫blogは、コメントもトラックバックも承認制になっていて、どうも池田氏の判断によって拒否されたりするのはどうも本当らしいと思います。

たとえば、大麻(マリファナ)、ダメダメはトラックバックを拒否されたようです。拒否理由が分からないので、私はなんとも言えません。しかしながら、私たちの中の私の話はトラックバックを承認されました。とりあえず人ではなくて内容で決めてるんじゃないかなと思います。本当にどれだけ目を通してるか不明ですけどね。この承認という作業はものすごく手間がかかると思います。
で、404 Blog Not Foundは逆に、無承認のようですね。

本当は怖い元祖「もんたメソッド」(404 Blog Not Found)中で引用されてるようにこの程度の「お芝居」は、すでに見抜いている。その上で、選択して見るのだ。と思います。池田信夫blogに関しても、そういう面を分かってる読者の方が多いのではなかろうかと思う。確かに検閲っぽいと私も思わなくはないです。しかしながら、404 Blog Not Foundの方が実は同じ危険性を持っているということは、果たしてどれだけの人が分かっているでしょうか?404 Blog Not Foundは、無承認でコメント、トラックバックを受け付けてますが、ただそれだけで、集まった情報に偏りがあるかどうかは分からないという点です。検閲してないのに、検閲しているのと同じ効果を生み出す可能性があるのです。

そもそも、コメントやトラックバックまで読むのは時間の無駄、面倒だと思ってる人たちもいるわけなのですので、読んでもらっているかさえも分かりません。ただし、読む機会を奪ってないという違いだけでしかないと私は考えてます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。