賃貸物件探しの話(不動産屋はあなたを騙さない)

不動産屋はあなたを騙しません。ただし、より高い家賃の賃貸をより早く契約して欲しいと言うのは本音です。お客さんが予算をいえば、相場程度で無理がない金額なら、「予算内」「予算程度」「予算より1ランク上」を出してきます。そうして、条件が悪い順に大体、現地を見せます。そして、本日契約しないとほかの客に取られるかもしれないとか、もうすでに申し込みが入ってるという話になり契約をせかされます。

不動産屋の収入は、あなたが払う紹介料(家賃半月から1ヶ月)と大家さんからもらう仲介料(広告費)だけです。その仕組みをちゃんと知っていれば、騙されることはありません。

上記の不動産の営業マンの手法を知って上手に利用するのが賃貸探しのライフハックです。実際、いい物件はすぐに契約が決まりますが、素人であるあなたはそれが良い物件がどうかが分からないのでベストな物件を契約するのはあきらめてください。そうして不動産屋を数件、数日通って、ベターな物件を探してください。そうすれば、得もしませんが損もしません。

上記理論が成立するのは、いい物件に出会えるのは、タイミングの問題だからです。いい物件が出る時期というのがあるのです。転勤やそういう関係で、物件が多く出る時期があります。そういう時期はいい物件がでます。閑散期もあって、そういう時期は1ヶ月程度待ってもいい物件はなかなか出てきませんし、いい物件はすぐに契約が決まってしまいます。

不動産屋は、悪徳でない限り、お客の条件にあった一番ベストな物件を紹介してくれます。営業マンが素人だったり新人だったりしない限り、全然心配は要りません。(都会の東京だったらちがうのかな?その辺は私はしらない)

たとえば、家賃交渉ですが、家賃+共益費とかになってると思います。家賃の減額は不動産屋の収入にもかかわりますが、共益費の減額は不動産屋は関係ありません。ということで、こういう原理を利用して上手に不動産屋に共益費等を値切ってもらうことも可能です。もちろん、その日に契約するという条件なら、家賃の交渉も普通にやってくれます。契約するかどうか分からない状態では、交渉はしにくいですし実際してくれないと思います。

分譲マンションの賃貸物件はお勧めですが、オーナーさんが個人か法人かを気をつけたほうがよいと思います。個人の場合、退去時に法外な金額を請求されたりされるかもしれません。分譲マンションの賃貸がお勧めなのはスペックの良さです。賃貸マンションは賃貸用に設計するとコストを削減するため表面上同じように見えても違うものと考えるべきです。たとえば、壁が薄いとかそういうところが違います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。