GoogleAdsenseで考える「ひと・もの・かね」の動き

「下向き」の想像力について(レジデント初期研修用資料)を読んでみて、納得できる点が多かった。

Googleは結構「下向き」の想像力があると思います。GoogleAdsenseというビジネスモデルが今もなお有効でかつ収益を上げているからというのが理由です。GoogleAdsenseをクリックする人たちは誰かというと、Google検索を良く使う人たちではないと考えます。多くのGoogle検索を無料で使ってる人たちは、GoogleAdsense広告をクリックしないということです。で、あまり利用しない人がクリックをするというビジネスモデルになってると思います。

誰がAdSenseをクリックするのか?

AdSenseを踏むのは、広告と本文の見分けが付かない人や広告を気にしない人、つまりネットの初心者に多そうな気がします。
via:Google AdSenseでどれくらい収益があるのか?(北の大地から送る物欲日記 )




GoogleAdsenseは、引用元の「振り込め詐欺のこと」の原理を使っています。いかにクリックしてくれる人たちに多く関連する広告を見せるかという手法です。

「金払いのいい阿呆」が社会を回す原理を使っています。広告なのか良く分からない人がクリックすることが事実なら、そうだと思います。

「上向きの想像力は響かない」という原理も使っています。広告主、広告を張る人、広告をクリックする人たちがどういう考えでそのような動作をしてるかを考えれば、そうだと思わざるをえません。

「下向きの想像力」って、マーケティングや営業理論の言動なのは技術者でない人たちは知ってると思ってよいと思います。そういうのに疎い技術者はそういうことをあまり知らずに、理想だけに走ってしまって失敗すると言うパターンになると思います。おそらく、技術者のジレンマと言う奴です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。